2009年12月23日

第10回 森のクリスマス

12/13 2009年度最後の森の楽校・ようちえん 森のクリスマスを開催しました。
 
この日は、あいにくの雨での活動となってしまいました。
2009-12-12_73.JPG
 
雨が少しきつくなってきましたので、森の家の中で広瀬滋子さんにお話を聞きました。みんな楽しかったよわーい(嬉しい顔) 
 
2009-12-12_107.JPG
 
雨がやんできたので、きっこりーさんは、宝の地図を持って山の中を駆け巡りました。お宝ポイントには、クリスマスリースの部品が一つづつ隠してあり、子供達は6つのお宝を手にすることができました。
 
2009-12-12_141.JPG
 
どんぐりーのみんなは、みんなで輪になってクリスマスソングを歌ったり、クリスマスリースの飾りを探したりしたよ。
 
2009-12-12_155.JPG
 
2009-12-12_162.JPG
 
集めた飾りでクリスマスリースを作ったよ。どんぐりーさんには少し難しかったようですが、とても個性豊かなかわいいリースが出来上がりました。
 
2009-12-12_190.JPG
 
今日は森のクリスマスということで、みんなでケーキを頂きました。おいしいケーキに大喜び!あっという間にたべちゃった。
 
2009-12-12_237.JPG
 
最後の記念写真!とてもいい笑顔の子供達ばかりでした。
また来年も合いましょう手(パー)
posted by 管理者 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年12月01日

11月29日第1回「おとなの森楽塾」開催

森のスペシャリスト中川重年先生をお迎えして船枝の裏山を散策しました。近場は地元船枝の住民の方から、遠くは大阪からも参加していただきました。大学生、市役所、森林組合、会社員などさまざまな立場の13名でした。今回は、今後整備を進めていきたいと思っている「古池」の山沿いの藪から歩き始めることになりました。
が、5m進むのに30分?時速10mのペースで進む超スローペース!それには、わけがあります。倒れて朽ちかけた木があれば、その構造、その植生、その木材としての特徴、それが生えていた状況や山林の過去の状況など、中川先生の解説はナタを振り回して、木の切れっ端がみるみる間に調理され参加者の手に渡っていきます。また何歩か進んで疑問がわいた参加者が質問すると・・答えは歩く先に転がっているといった状態。まさに中川先生の本を身をもって体験できました。
DSCN1604.jpg  DSCN1624.jpg  DSCN1660.jpg
熱心に写真を撮りメモするもの、話を聴きながら?周辺を整備するもの、参加者のあり方もさまざまです。散策が終わって、小腹がすいた頃、中川先生のダイナミックな料理がはじまりました。4つのダッチオーブンに、豚の肩ロースのかたまり、根菜と色とりどり野菜の蒸し焼き、りんごの蜂蜜焼き、卵10ヶを豪快に手でかき混ぜたパンプティング。分量も火加減も全て中川方式。
DSCN1670.jpg  DSCN1678.jpg  DSCN1689.jpg  DSCN1690.jpg   
焼きあがるころに、予報よりも半日遅れてくれた雨がポツリ。ダッチオーブンを中へ移動させ食卓へ。お試しのはずが、あっという間に豪華な晩餐?みんな無言。おいしいものを食べる時って静まりかえりますね。
おいしいお話と料理をご馳走山でした。やはり、森を楽しむには、楽しい仲間と食べる事も大切な要素ですね。次回は、森の楽校最終日の後のおとなの楽しいひと時にしたいですね。
posted by 管理者 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 森楽塾