2011年02月22日

学生ボランティア

今回は、卒業する学生ボランティアが、後輩10人を引き連れて来てくれましたので、これを期に、ジャングル開拓をしてもらいました。

2011-02-19_190.JPG

学生さんもはじめて山道具をもち、安全指導を受け、鬱蒼とした藪にむかいました。汗をかきながら、ハマるもので、やり出したらこちらも止まりません。半日でもこれだけの若いちからで、だいぶ開けました。おかげさまで遊び場がふえました。彼らが、来期には活躍してくれることを期待しています。

2011-02-19_193.JPG
Before

2011-02-19_255.JPG
After

まあ、なんと言うことでしょう。匠の手によって・・・と思わず言いたくなる程、きれいに開拓できました
これからよろしくおねがいします。そして1年間活動を手伝ってくれた学生のみなさん本当にありがとう
posted by 管理者 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 里山整備

裏山クラブ8

土んぐりー

これまでの自由遊びのなかで発展してきた、森のレストランごっこ。次回お家の人たちにもきてもらえるように準備をしよう…でも、子どもたちは現在形ですから、今の遊びに夢中。川に水を汲みにいき、何やら怪しい料理をしています。キリの実を砕いて綿毛を取り出したり、シュロのうちわで仰いだり。準備もしないとならないので、10月の雨の日に体育館で作った台やベンチを運び込み、ちょっと開業できそうな雰囲気?時間になってしまいましたので、次回お家の人たちにも手伝ってもらって完成できたらいいかな…(終わりのない遊びなので、完成型はないかと)

2011-02-19_131.JPG

2011-02-19_212.JPG


木っこりー

1ヶ月ぶりの森のなか、11月に予定していた「山観日」に向けた勢いを取り戻せるかなとのスタッフの不安をよそに、子どもたちはやる気マンマン。女子はティピーでなにやら作戦会議、計画派です。男子は道具を手に忙しそうに動きまわっています。ロープが足りないと土んぐりーにまで取りにきていました。川べりに、一度は大水で壊れてしまったので、もう少し高いところに建設。何をこしらえているにかは、次回のお楽しみ。

2011-02-19_135.JPG

2011-02-19_215.JPG
posted by 管理者 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 森の楽校

葉んぐりー

2011-02-19_7.JPG
椎茸の原木にコマ菌を打ち込む作業と前々回に畑に植えたマメに「手」する作業をしました。
子どもたちは、コンコンと音をたてて入っていくのが楽しいようで、もっともっとやりたいようでした。
この金槌がやり易いなど道具もよりながらやっている姿をみていると、改めて子ども向きの作業だと思いました。

2011-02-19_21.JPG

自分が打ち込んだ原木は重くても、担いで畑の段を上がり、木陰まで運びます。
きっと、椎茸が苦手な子も、この椎茸はおいしくいただくのではないかと思います。

2011-02-19_64.JPG

そして、前日までの雨でぬかるんだ畑に入って、眼を出した可愛いマメが伸びていけるように、前回持参したワラで「手」を作り登っていけるようにしました。

2011-02-19_79.JPG

前回つくった納豆をはさんだ餅をいただきました。市販の納豆より、納豆臭くて子どもたちは嫌がるんではないかと思っていましたが、納豆が苦手な子も食べていました
今回は、特別に美山里山舎で石臼でひいたはったい粉の飴を分けていただいたので、自然の甘みをありがたくいただきました。

2011-02-19_52.JPG

「雪あそび」をする予定でしたが、今冬は正月から雪が多くて、もう雪はいいかな…と思っていましたが、宿題の雪を持参してきてくれたおかげで、暖かい日に雪合戦をすることもできました。
posted by 管理者 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉んぐりー