2008年12月21日

今年最後の定例会

12/19 今年最後の定例会を北廣瀬集会所をお借りして行いました。
 
今年一年間の振り返りと、来年1月からの8回〜10回までの打ち合わせと今後の活動方針、100年の森計画など進行中の案件に関して報告がありました。
来年度の森の幼稚園は4月から開始できるように準備を進めていくこととなりました。参加費に関して保険代や備品購入費用などの必要経費がかかるため毎回赤字となっていました。来年度からは参加者の皆様にもう少しご負担いただくことになりそうです。どうぞご理解の程お願いします。
 
そして、後半は忘年会に突入
傳次さん特製の美味しい鳥鍋を囲んで一年間の労を労いました。
メンバーみんなこのNPOに対する思い入れがあり夜遅くまで熱い語らいが続きました。本当に皆さんこの集まりが好きなんですね。

2008-12-19_3.jpg
来年も、NPO森林環境ネットワークをよろしくお願いします。
posted by 管理者 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 定例会

2008年11月25日

11月の定例会を行いました

11/20 八木支所で定例会を行いました。今回の参加者は10名
前半は、活動内容に関することについて話し合いました。森の村人キャンプ、森の村びらきは子供たちが考えて作り出したイベントでした。成功した面も多くありましたが、スタッフ間の連携不足などの反省点もありました。また開催日程に関して11月は気温が低くもう少し早い時期の開催が望ましいのではないかなど、意見が出ました。
次回の森の楽校、森の幼稚園は場所を八木町船枝に戻し、スタッフの役割について再度確認、森の幼稚園では大きなクリスマスツリーにまつぼっくりや藤蔦のリースなんかを飾り付けしたいと思います。いつかは自由遊び時間だけにして、子供たちだけで遊びを見つけてくれるようになってほしいねーというのがメンバーの願いです。森の楽校は、船枝の森の中の広場で自分たちの遊び場を作ります。どんな遊びを作ってくれるか楽しみです。


後半は、京都モデルフォレスト事業に関連する活動に関することと、全国森林組合連合会の「100年の森林づくり」加速化推進事業に取り組みの進行状況に関して報告があり、今後の活動に関して方向性を検討し終了となりました。
皆様お疲れ様でした。

posted by 管理者 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 定例会

2008年09月30日

9月30日スタッフ・ミーティングをしました。

10月の「森の幼稚園・楽校」のスタッフ事前打合せをしました。
夕方の忙しい時計に、お母さんボランティアの方々にも参加していただき、わーい(嬉しい顔)
主に「森の運動会」の活動内容を決定しました。また、子どもたちがだいぶ
森での遊びに慣れてきたので、今後もう少しプログラム内容を柔軟に捉え、
自由な遊び時間をもっと入れて行こうということになりました。
子どもたちが、森にきてまで「次はなあに?」(指示待ち)ではなく、がく〜(落胆した顔)
自然に「あれしよう、これしよう」と自発的に活動できるように
なってくれるのが目指すところです。ぴかぴか(新しい)
 
でも、せっかくの活動も、少々のすり傷はよいとしてもふらふら
次回は久しぶりに昨年活動していた「大鳥羽冒険の森」へ移動するので、
森の事前整備も必要となります。10月4日(土)の午後は、現地準備をします。
ご都合のつく方はぜひご協力をお願いします。主に、運動会の場所の準備が必要です。
 
「秋のイベントお知らせ」チラシが刷り上りましたので、順次配布していきます。
 
 
posted by 管理者 at 22:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 定例会

2008年09月20日

森の定例会を行いました

9/14 7時からに森の定例会を八木支所でおこないました。
スペシャルイベント筏くだりのレビューやこれからの活動に関しての話し合いです

筏くだりでは、環境にやさしい活動をめざし、自生のものを使用し、森林保全に役立てました。運搬はなるべく人力で行い、河原までは車両を使用。ウッドマイレージ は1.7Kg-Co2わーい(嬉しい顔)
筏は元筏師の技法を参考にさせていただいたため、丈夫で安全な筏ができた。子ども達には、安全講習のみでオールの漕ぎ方の練習をしておいた方が良かった。また、午前中に少し筏に乗って練習を行い、午後からの活動につなげても良かったのではないかったかと、来年の活動に関する課題点も話し合いました。
 
HI380003S.JPG

来年はもう少し流れのあるところで、「筏くだり」を楽しめればいいですね。わーい(嬉しい顔)
いつかは嵐山まで行きましょう。

森の楽校・幼稚園は次回の活動から、「大鳥羽冒険の森」に会場を移すことを確認。「村作り」は、活動時間が短く、完成できないだろうという配慮から、開始・終了時間を1時間長くすることで合意しました。
活発な意見交換が続き、9時過ぎに終了。皆様ご苦労様でした。 

私は初めての参加でしたが、環境に配慮しながら、子ども達の創造力を育てる活動の大切さと難しさがを少しわかったような気がしました。
(高屋)

posted by 管理者 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 定例会